左官下地

工事中の店舗工事の確認に行ってきました。

部分的な改修なので工期は約2週間ほど。
週明けには概ね終了するので
左官屋さん、電気屋さんに現場に来てもらい
残りの作業の確認を行いました。

壁に貼っている木は、左官仕上げの下地なので
見えなくなってしまいますが
大工さんがいつも丁寧に貼ってくれるので
このまま仕上げとして見せてもいいんじゃないかと
いつも思ってしまいます。

下地がきれいだと美しく仕上がるので
今回も仕上がりが楽しみです。

土のにおい

新しい現場がはじまりました。

岡山市の庭瀬で、現在住まれている住宅を倒し
新しい家をつくっていきます。

解体工事の初日は、カーポートを撤去して
重機の侵入スペースを確保し
家の中の扉や窓を一枚ずつ運び出していきます。

解体工事と言うと、
大きな重機でグシャッと
家を壊しそうなイメージですが
分別を行うため、順番にパーツを分けていきます。
瓦、木材、鉄、アルミ、プラスチック、ガレキ
屈強な男たちが、丁寧に、手作業で。

元々こちらのお庭には沢山の木が植えられていて
松、梅、槇、椿と樹種も豊富で
ビワ、金柑などの果樹もあり小鳥もよく飛んでいました。

残すものもありますが、計画上倒してしまうものもあり
それらは根っこから掘り起こし、処理場で破砕し
燃料のチップになります。
なので、根っこは土をしっかり落とし
トラックに積まれていきます。

そんな作業を見ていると
ふと、とても好きな匂いがすると感じました。
土の匂いでした。

その匂いを嗅いだ瞬間、中学生の頃に
就業体験で一週間ほど牧場に通った日々が思い出されました。

お家をつくらせてもらう時は、庭もつくるのですが
その時に嗅ぐ新しい土の匂いとは、また違った匂い。
きっとよく手入れがされていて肥えた土なのだと思います。

この土の匂い、好きだなぁ。
マスク生活が長く続き、嗅覚が刺激されることも減っている中で
余計にそう感じたのかもしれません。

夏の完成へ向けて、工事は進んでいきますが
きっと新築したあとも、素敵な庭ができて
小鳥ちゃんたちも戻ってきてくれると思います。

岡山市中区にて

岡山市中区に新築住宅を計画中の土地に行ってきました。

現場を見て、周辺環境を確認し
そこからプランニングを始めるわけですが
出来上がったプランを持って
再度現場を訪れます。

当初訪れた時に感じていたことに、間違いがなかったか
そして、プランをその土地に当てはめた今だから感じられる
新たな気づきはないか。

まだ何もない土地の上で
各部屋での生活をなぞりながら想いを巡らせます。

この家もまた、いい家になりそうです。

某カウンター工事

昨日の暖かさは一体どこへ。
寒い中で食べる雪見だいふくが好きです。
松原です。

1月もあっという間に終わってしまいました。
そして、また新しい店舗工事が始まりました。

今回は部分的な改修ですが、そのメインとなる
窓とドアをつくって貰う鉄屋さんと打ち合わせに。
オーダーメイドでつくる窓は細かな部分も思い通りになるがゆえに
打合せも綿密に行っていきます。

店舗工事では、打ち合わせ時に想定でしかなかった
既存の壁や天井の内側が
工事が始まり、解体してみて初めて明確になるので
そこから細部の調整を行わなければなりません。

また、住宅工事とは違い
短期間での工事となることがほとんどなので
スピード感を持って臨機応変に対応しなければならない為
実力が試されるような気がします。

昨日今日で解体が終わり、指針も決めることができたので
完成へ向けて着々と進めていきます。