土のにおい

新しい現場がはじまりました。

岡山市の庭瀬で、現在住まれている住宅を倒し
新しい家をつくっていきます。

解体工事の初日は、カーポートを撤去して
重機の侵入スペースを確保し
家の中の扉や窓を一枚ずつ運び出していきます。

解体工事と言うと、
大きな重機でグシャッと
家を壊しそうなイメージですが
分別を行うため、順番にパーツを分けていきます。
瓦、木材、鉄、アルミ、プラスチック、ガレキ
屈強な男たちが、丁寧に、手作業で。

元々こちらのお庭には沢山の木が植えられていて
松、梅、槇、椿と樹種も豊富で
ビワ、金柑などの果樹もあり小鳥もよく飛んでいました。

残すものもありますが、計画上倒してしまうものもあり
それらは根っこから掘り起こし、処理場で破砕し
燃料のチップになります。
なので、根っこは土をしっかり落とし
トラックに積まれていきます。

そんな作業を見ていると
ふと、とても好きな匂いがすると感じました。
土の匂いでした。

その匂いを嗅いだ瞬間、中学生の頃に
就業体験で一週間ほど牧場に通った日々が思い出されました。

お家をつくらせてもらう時は、庭もつくるのですが
その時に嗅ぐ新しい土の匂いとは、また違った匂い。
きっとよく手入れがされていて肥えた土なのだと思います。

この土の匂い、好きだなぁ。
マスク生活が長く続き、嗅覚が刺激されることも減っている中で
余計にそう感じたのかもしれません。

夏の完成へ向けて、工事は進んでいきますが
きっと新築したあとも、素敵な庭ができて
小鳥ちゃんたちも戻ってきてくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です