この時期になると聞きたくなるのが、スピッツの春の歌

聞くと少し心がソワソワして、何か起こりそうな予感がする。

あたらしく何か始めたくなって、優しく背中を押してくれる一曲。


そんな春の歌のように爽やかな仲間が増えました。

現場監督の経験もあって、図面も描ける22歳。

今年は、何か起こせそうです。

松原                                              

カテゴリー: confetto日常

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です